2015年07月08日

七夕の雑学☆

今日は(もう日が変わりましたが)七夕でしたね。
あいにくの曇り空となってしまいましたが、
皆さんどんな願い事をされたでしょうか?

幼稚園にお迎えに行くと笹に短冊が吊ってありました。
家では「赤ニンジャーになりたい」というお兄ちゃん。
ちょっとドキドキで探してみたら、
「もっと足が速くなりたい」と書いてありましたわーい(嬉しい顔)
たぶん「忍者=足が速い」のだと思います(笑)

ここで、以前他のブログで書いた記事を再投稿します。
知ってるようで知らない七夕の雑学ですひらめき

残念ながら今年も雨が降ってしまいましたしょぼん
この時期の日本は梅雨なので、綺麗な天の川と織姫と彦星を見れるのは稀。
でも、本来は旧暦なのでけっこう晴れていたようですよ。

さて、七夕って当たり前のように「たなばた」って読んでいますが、
本当は「しちゆう・しっせき」と読むのが正解!
お正月、桃の節句、端午の節句と並ぶ五節句なんですよ。

漢字で「たなばた」と表す場合は「棚機」と書きます。
神様に捧げる布を織る「棚機女(たなばため)」に由来しているんですね。
古事記や日本書紀にも既に「棚機女」と「弟(男)棚機」という記載があります。
意外に知っているようで知らないのがこの七夕ではないでしょうか?

いくつか質問を書いてみるので、答えてみて下さいね(^〜^)

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
1,七夕は日本古来の伝統行事である
2,織姫と彦星は恋人同士である
3,七夕の願いは何でも良い
4,七夕の日にはそうめんを食べる
5,七夕は相撲を鑑賞する日だった
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

そんなん知らんわ〜ヽ(`Д´)ノ
って言われそうな質問ばかりだったでしょうか?
でも、知ってみるとまた違った思いが芽生えるかも知れませんよわーい(嬉しい顔)
では、回答ですひらめき

1,×
  現在の七夕行事は、奈良時代に中国から渡ってきた「乞巧奠(きっこうでん)」と
  日本の伝説(水神信仰など)が習合してできたものと言われています。
  織姫と彦星のお話は「二星伝説」とか「織り姫伝説」とも言われます。
  ※「乞巧奠(きっこうでん)」については長くなるので省略します。

2,×
  意外と知られていないのですが、二人は実は夫婦なんです黒ハート
  勤勉な二人が結婚しても変わらず一生懸命働くことを誓うために、 
  一年に一度だけ会えることを条件としたという説もありますが、
  古来の日本の夫婦形態が通い婚であったことも影響しているようです。

3,×
  恋人同士のイメージが先行して、恋愛の願いをする人も多いようですが、
  実はちゃんと本来願うべきことがあるんですよ。
  織女はその名の通り、帝への捧げる高級な布が織れる人ということなので、
  女性は手芸(織物・針仕事)や芸事が上手になるように。
  男性は、意外かも知れませんが、筆や学問が上達するように。
  里芋の葉に溜まる夜露を使って、梶の葉の上で墨をすると字が上手になるそう。
  梶の葉を使う理由としては、天の川を渡る船の「舵」にちなんでるとか?

4,○
  節句には料理とお酒がつきものですね。
  お正月はおせちとお屠蘇
  桃の節句は白酒にあられや菱餅など
  端午の節句はちまき菖蒲酒
  七夕では織物にちなんで、糸をイメージする「そうめん」や
  「索米(さくべい) 」という麦縄のようなお菓子を食べていたそうです。
  お酒はありません。というのも、この時期はお酒を造るお米がないから(笑)

5,○
  「相撲(すまい)の節(せち)」と言って、正確には相撲ではありませんが、
  奈良時代・平安時代において、天皇が宮中で相撲を鑑賞なさる行事があったようです。
  その他、平安の頃には「七夕」にかけて「七遊(しちゆう)」と言うのがありました。
  その名の通り七つの遊びがあり、きちんと嗜むことができることがステイタスでした。

  七遊:和歌、蹴鞠、香、碁、花(立花)、貝合わせ、揚弓

七夕にまつわることは色々ありますが、長くなるのでこの辺で。

最期に、天文学の観点から興ざめな話を一つ三日月
織女星は琴座のベガ、牽牛星は鷲座のアルタイルです。
この2つの星、どれくらいの距離にあるかというと約17光年。
つまり、光の速さで片道17年かかる距離と言うこと。
携帯電話(電波は光とほぼ同じ速さ)でデートの約束をしたならば、

織り姫「もうすぐ7月7日ね揺れるハート」 → 17年 → 彦星「楽しみだな揺れるハート

なんて一言会話をするだけで往復34年かかってしまうんです (=◇=;)

夢多き子供達にはくれぐれもナイショにね!
posted by reimyo at 01:18| Comment(0) | 豆知識あれこれ

2015年07月06日

お支度屋のコンセプト その2

こんにちは。お支度屋です!

『お支度屋』の後に付いているサブタイトル「Reimyo」
こちらの由来について簡単にお話させて頂きたいと思いますグッド(上向き矢印)

『Reimyo』は漢字で書くと『礼妙』ですひらめき
なんだか名前みたい??

実際の読みは『れい・みょう』になります。

語源の元は実は中国の漢字ですグッド(上向き矢印)
『礼』はご存じの方も多いと思いますが、
儒教の五徳「仁・義・・智・信」から取っています。
(人を思いやること)」を具体的な行動として表したものが『礼』とされます。
日本では「礼儀の礼」というイメージでしょうか。
お支度屋は、皆様の人生の大切な日に接することの多い仕事です。
礼節を重んじていきたいという心から『礼』を選びました黒ハート

次に『妙』ですが、仏教の経典によく使われる文字ですね。
もちろんそれも多少はありますが、
元々持つ意味として「女の子」と言うのがあります。
「女性らしい」というと何かと反応する方も最近はおられるようですが、
お支度屋では女性のお客様が大半ですので、
そのお客様が望まれる女性らしい美しさを提供できればと思っております。

ですので、お支度屋のサブテーマは
「人生の節目節目を大切に、
 その方の個性輝く女性らしい美しさを応援させて頂く」

といったところでしょうかわーい(嬉しい顔)

もちろん、男性もご希望に沿ってお支度させて頂きますよグッド(上向き矢印)

機会がございましたら、ぜひご用命下さいませ黒ハート




posted by reimyo at 23:03| Comment(0) | ご挨拶

可愛いお客様

今週末は式場での列席者着付けでしたわーい(嬉しい顔)

呉服屋さんで長年お勤めだったお祖母様を担当させて頂き、
世間話をしながら、心はドキドキあせあせ(飛び散る汗)
何度あたっても、お着物に詳しい(お着物好き)なお客様は緊張します。

お客様から
「こんなに楽にきちんと着せてもらったのは初めてよ。 貴方お上手ね」
なんて言って頂くと、例えお世辞であっても嬉しいものです揺れるハート

私がお着付けすると、
「いつもより楽です」「締めなくても大丈夫なんですね」とか、
まれに「きつくないと心配だから締めて下さい」と言われます(^^;
もちろん、締めてないからと言って崩れはしません。
「締めてない」と言うよりも「必要以上には締めない」からなのでするんるん

そして、今回はとても可愛いお嬢ちゃまのお着付けもさせて頂きました。
「上手ね」と言って下さったお祖母様が、
ご自分で着付けるつもりのところ、急遽私にご依頼下さいました。
七五三で女の子がお召しになる四ツ身と言われるお着物なので
そんなに難しくはありませんが、三歳四歳くらいのお子様は親御様から離れて
じっとしているというのは大変なことなのです。
お嬢ちゃまのご機嫌を伺いながら、手早くお着付け。
帯締めも帯揚げもリボンがいいとのリクエストを頂戴しましたぴかぴか(新しい)
ご本人からOKを頂き、任務完了(^^)v
と思いきや、披露宴前にドレスへお着替えされましたたらーっ(汗)たらーっ(汗)
それでも、お祖母様が今日の日の為にご自分のお着物を解いて仕立てられたとかで、
わずかな時間でも着物姿で居てくれたこと、一緒に写真が撮れたことでご満足して頂けました。
その時お嬢ちゃまが一言
「このお姉さんが着せてくれたのよね〜」
と!なんて嬉しいことを言ってくれるのかしら黒ハート黒ハート
実はお嬢ちゃまと同じくらいの子供が居るおばちゃんなんだよ手(パー)
「ありがとうわーい(嬉しい顔)」だけ言って、心の中で呟きました(笑)

着物には色んな想いが込められています。
機会がおありの際はぜひお召し頂きたいものですねグッド(上向き矢印)





posted by reimyo at 22:42| Comment(0) | 日記